« 「名もなきアフリカの地で」 | Main | »

02/29/2008

なぜ「中国人の99.99%は日本が嫌い」なのか、やっぱり分からない。

この時期にまできてアメリカ公聴会で「中国は五輪を開催するのに相応しくない」と断じられ、北京五輪を控え国際的な不安をかき立てないためにもギョーザ事件の真相を「薮の中」に葬り去ろうとし、先日重慶で行われていたサッカー東アジア選手権ではおよそサッカーとは言えない、むしろただの子供の挑発と喧嘩だろう?という行為を乱発したことで東アジア・サッカー連盟から制裁金を課せられ、中国が(今さらってわけでもないけど)ことに最近きな臭い。
ギョーザの事件に関しては、科学に政治が介入してきていることでうやむやになりつつあるのは確かなようで、心理戦の様相も呈してきた。

東アジア選手権では、自国での開催でありながら地元のテレビ放映にはタイムラグがあったらしい。自国チームの悪質なファウルなど、印象的に不利な局面をカットするためだ。そういう情報規制(操作)はもう、あからさま。周知の通り、中国からはネットでウィキと2ちゃんに入ることができない。
どうも、大した実力もないのに変にプライドばかりが高い勘違い野郎、といった趣で、過去に某知事が「民度が低い」と切っていたことを思い出す。

それでも昨日、1947年の2・28事件の被害者に国民党が謝罪し(1995年の李登輝総統以来)、案外人間社会上のリテラシーあるんじゃん?と思わせるけど、これはこういう時期だからこそのパフォーマンスなのか? 五輪を間近に控えたこの時期、対外的にここはもう一度謝罪しておいた方がいいだろう、というような。

サッカーにおける中国サポーターの日本への罵倒ぶりが気になって、「中国人の99.99%は日本人が嫌い」という本を図書館で借りて読んでみた。ちょっと、このへんの(日本が関わる)歴史には疎いので。著者の若宮清氏は現在早稲田大学社会システム工学研究所客員研究員。ググってみたら分かる通り、かなりうさん臭い人物なんだけど、本の内容はまともで、読ませるし、面白い。
それにしても、ストレートなタイトルの本ですね(笑) 作者の思い込みばかりが先行しているんじゃないかと危惧するような。実際、そう感じさせる文体の部分も多いのですが、内容はあくまで史実に基づいている。

結局この本の中で分かるのは、「民度が低い」などと言われるのは資質なのではなく、情報操作に基づく歪んだ教育の結果だということ。なぜそうなってしまうのかと突っ込まれたら、決して謝らない・平気で嘘をつく・誇りばかりが高い・過剰な自己主張をする、という民族のDNAに因する、ということのようだけど、同じ人間としてそれはひとつの側面でしかないのじゃないか?
それにしたって

中国では、勝者によって歴史は常に捏造されてきた。捏造された歴史であっても100回繰り返せば真実になる。中国人ならそう考える。(P159)

というのは感覚的に理解しがたい。捏造は捏造でしかない。
それを「捏造だったんだ」と真実を知る機会があるのはネットの中にこそであろうし、あるいは留学生という立場にいる人たちに与えられているのだろうけど、なんとか中国のネット・リテラシーの高い人たちに頑張ってほしいところ。

それにしてもやっぱり、何故中国人の99.99%が日本を嫌いなのか、その構造が分かりにくい。

追記:
この本の視点とは違うけど、この記事も興味深かったです。
中国人が「最も嫌いな国」は、日本ではなくなった!
毒入り餃子事件を中国人は本当はどうみているか?
(以上、DAIAMOND online より)

February 29, 2008 in books |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a841e0c2970b01287744d03c970c

Listed below are links to weblogs that reference なぜ「中国人の99.99%は日本が嫌い」なのか、やっぱり分からない。:

Comments

The comments to this entry are closed.