« 尊氏の手首は確かにもぎ取られていた。 | Main | ブロークン・イングリッシュ »

12/14/2008

クレモナのヴァイオリン。

西宮でヴァイオリン職人をしている S君の工房にお邪魔。
ヴァイオリンの写真を撮りたくて行ったのだけど、準備不足でした。夕方の赤っぽい外光で、と思っていたのですが、思い切り東向きの部屋だったことをど忘れ(笑)
室内光で撮るにしてもヴァイオリンをどう置くか考えていなかったし、ほとんど置いてあるまま掛けてあるままを撮るばかりで、背景のことさえ何にも考えていなかったていたらく。せめて三脚持って行くべきだったなあ。
たまに読んでいるブログ「菊田ヴァイオリン工房」の写真の静かな佇まい、といったら...!

下の写真はクレモナの Gio Batta Morassi 氏製作のもの。生存している製作者のなかでは最も評価の高いヴァイオリンを作る人だそうです。
光の当て方、失敗してますよね(笑) どう当てれば良かったのでしょうか。
Gio_batta_morassi

ぽつぽつ何点か Flickr にもあげますので、よろしかったら。

 

December 14, 2008 in photo |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a841e0c2970b01287744d00a970c

Listed below are links to weblogs that reference クレモナのヴァイオリン。:

Comments

The comments to this entry are closed.