« クレモナのヴァイオリン。 | Main | 「チェンジリング」はイーストウッドの仕事のひとつに過ぎない。 »

12/28/2008

ブロークン・イングリッシュ

ソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」、あるいはリチャード・リンクレイターの「恋人までの距離」の系列に並ぶ作品、なのでしょうか。
ゾエ・カサヴェテス自身相当悩んだらしい脚本はそれなりには熟れていると思うし、手持ちカメラの微妙な揺れは主人公ノラ(パーカー・ポージー)の心象をうまくとらえていたと思う。
だけどいかんせん、ネタがありきたりでそれを何とか他作品と差別化しようともがいている焦りが見えてきている、というか。等身大の女性を描いたB級恋愛映画の王道をいく展開だったけど、その程度で良かったのかゾエ?とう印象。結末は前半から見えてしまったし。

Brokenenglish02 ただ、演出は確かだったと思います。
ノラのアパートで、ジュリアン(メルヴィル・プボー)が二つのコップに水を、無駄にこぼさないように汲むシーンはジュリアンの性格を的確にとらえていたし、親友オードリー(ドレア・ド・マッテオ)が、パリで浮気に走った後(ひどい結果に終わったらしいけどこの浮気の詳細は語られない)、ホテルに戻ってパウダールームで悲嘆に暮れそうになるのを必死で抑えつつ指輪を嵌め直すシーンには痛みを感じられたし、部分部分でその演出力にはっとさせられました。

ジーナ・ローランズはこれはもう怪演でした。息子ニックが演出した「君に読む物語」よりはずっといい。ゾエの映画監督としての出発に対してごく自然な愛情が感じられて、観ているこっちは自然頬が緩む。
主人公を演じたパーカー・ポージーについては今まで出演作を何本か観てきているはずなんだけど全然記憶になくて、これでやっと覚えられたか(笑) バーバラ・ハーシーあるいはジュリエット・ルイスを彷彿させる容貌で、好きな人はめっちゃ好きな女優なんだろうな。

カサヴェテス父の「フェイセズ」をまた観たくてたまらなくなりました。

 

December 28, 2008 in films |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a841e0c2970b0120a841e7ef970b

Listed below are links to weblogs that reference ブロークン・イングリッシュ:

Comments

The comments to this entry are closed.